はじめてコピー機リースを使用する方に役立つ情報をまとめて紹介しています。

はじめてのコピー機リースの使い方講座

はじめてのコピー機リースの使い方講座 TOP

現代での仕事ではパソコンはもちろん、プリンタやコピー機などのOA機器は仕事に欠かせない「必需品」となっていますよね。これまでは、これらのOA機器を導入しようとした場合、新品や中古のOA機器を購入後、設置・導入する方法が一般的でした。

しかし、最近ではこれらの機器を「購入」するのではなく、リース会社とリース契約を結ぶことで、リース会社からOA機器を「借りる」という方法で導入する企業が増加してきています。

このサイトでは、これらのリース契約を締結して「借りる」ことができるOA機器の中でも、特に『コピー機リース』に注目。コピー機リースの特徴やメリット、デメリット、おすすめのリース会社などを紹介しています。

リースでのコピー機の導入に興味がある方はぜひ、このページで紹介している情報を参考にしながら、ご自分の会社の希望条件にぴったりと合ったコピー機リースを探してみてください。


コピー機リースが増加している理由とは?



では、近年、コピー機リースを行う企業が増加している理由は何でしょうか?

まず最初に、コピー機のリースが注目を集めている理由としては、コピー機の初期購入費用を用意する必要がなく、かつ、月々に発生する低額の使用料金だけでコピー機を導入することができることがあげられます。

さらに、コピー用紙やトナー代金も含んだリース契約のパッケージなどを利用すれば、コピー機の導入にかかる初期投資を抑える事ができるだけでなく、ランニングコストなどの維持費についても大幅に削減することができます。

また、複合機タイプのコピー機を導入すれば、コピー機能に加えて、電話、FAX、プリンター、スキャナーなど、さまざまな機能を一台で賄うことが可能となり、オフィスの省スペース化の実現。さらには、電気代の抑制などにも役立ちます。

このように、リース契約でコピー機を導入することで、経費の削減を実現しながら会社資金を効率的に運用できるため、特に設立して間もないベンチャー系の会社や資金が乏しい中小企業がコピー機リースを積極的に活用しているケースが増加しているようです。


コピー機リース導入の体験談



コピー機を実際に導入したことがある方ならよく分かると思うのですが、紙詰まりや印字ミスなどで、コピー機は思ったよりもよく故障します。また、コピー用紙やトナーについても、「ついこの間、補充したばかりなのに、もうなくなってしまったの?」ということがよくあります。

私は以前、会社で財務・会計などを担当していましたが、コピー機を導入した場合、意外とメンテナンスやランニングコストが積み重なって、想定していたよりも出費がかさむと感じていました。

また、OA機器を複数所有していると、機器所有に伴う固定資産税や損害保険、保守費用などの支払いに加えて、コピー機の減価償却のための財務処理などの手間や時間も必要となってきます。

しかし、コピー機の所有権がリース会社にあるリース契約を行ったことで、固定資産税や減価償却の手続きなどの費用の支払いや手間が必要なくなりましたし、コピー用紙やトナー代金を含めたリースパッケージを導入することで、それらのランニングコストの削減も同時に行うことができました。

財務・会計としてはこれらの手間や費用がなくなることは非常にありがたいことで、私がコピー機のリースをおすすめする大きな理由の1つでもあります。近年の不況のあおりを受け、日本の多くの中小企業では少しでも経費を削減できるように懸命に努力をしています。

ぜひ、それらの企業の担当者の方には、このサイトでご紹介しているコピー機リースを活用することで、少しでも経費削減ができることを理解していただければ、と考えております。


Topへ戻る